読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お遍路ツー6日目

人生には成長段階と衰退段階が明確にあることから、山に例えられることままがあります。

 

アップダウンや回り道、時々休憩をはさんだりすることがありますが、

基本的には 上りと下り で分けられることが多いです。

 

山は中間であるてっぺんが目標となっているため、そこを起点として 行きが上り 帰りが下りと分けられます。

そして、大抵の人はてっぺんを目指し、そこに楽しみとゴールをおいて山を登ります。

 

 

さてそれでは

中間がゴールでない人生において

上りと下り、どっちが楽しいものなのでしょうか。

 

 

 

そんなわけでお遍路ツーも中間地点にやってきました。6日目、折り返し、折返路さんです。

 

今朝は足摺岬にて朝を迎え、昨日観光できなかった足摺岬周辺を散策しました。

 

太平洋を臨む足摺岬展望台は、270°のパノラマオーシャンビューf:id:molk1228:20160730220138j:image 

海の向こうはパプアニューギニアです。

 

その後豪勢な朝飯(チキンラーメン)をすませ

 

f:id:molk1228:20160730215254j:image

せっかくなので持ってきた用具をつかった

 

次の札所へ向かいます。

 

 

本日、札所巡りの道中立ち寄った場所は

・竜串

・滑床渓谷

そして現在腰を寄せている

佐田岬

 

です。

 

竜串には奇岩怪岩がそろっており、自然の波によって作られた岩々が

不安になるような、それでいて感心するような景色を作り出しています。

 f:id:molk1228:20160730220757j:imagef:id:molk1228:20160730220803j:imagef:id:molk1228:20160730220808j:image

 

 

うわぁ…キモい…と思いながらもついつい見てしまう、不思議な景色でした。

フナムシがむちゃくちゃ多かったです。

 

 

朝7時半に足摺岬を発ち、この竜串までおよそ30kmといったところですが

 

 

 

3時間もかかりました。

 

 

それは道中に起きたとあるトラブルが原因です。

 

 

 

 

 

f:id:molk1228:20160730221214j:image

タイヤに釘が刺さりました。パンクです。

 

 

道中に立ち寄ったローソンにてやられました。

よいこのみんなはくぎをすてちゃだめだぞ☆

 

 

しかし不幸中の幸いとして、バイク屋が100m先にありました。

チェーンの件といい、なんと運のよろしいことでしょう。そして、バイク屋の場所を教えてくださった軽トラのおっちゃんに感謝です。

 

このおっちゃん、修理が終わるころにわざわざバイク屋に寄ってってくれました。心配になってやってきた とのこと。いい人すぎるわ。

 

パンク修理のつもりでしたが、もうタイヤがツルツルだったのでタイヤごと交換をしました。少し細いタイヤにになり、スムースなコーナリングを実現しています。6500円也。

 

 

パンクについてはさほど時間はかかりませんでした。三時間もかかった大きな理由は

単純に道を間違えたからです。 キヲツケマス。

 

滑床渓谷はその名の通り渓谷が有名で、土曜日ということもあり、多くの人がバーベキューに訪れていました。

 

しかし山奥にあるため気候はとても過ごしやすく、最高の環境です。

 

ただ、車両乗り入れ禁止のスポットが多かったため、ほとんど見物できて入れていません。

四国でバーベキューする予定のあるかた、ぜひ滑床渓谷をどうぞ。むしろ連れてってください。

 

その後急いで寺を回り、四国は最西端の佐田岬にて宿をとりました。6日目にして初宿泊です。シェアハウス型の相部屋なのに僕以外だれもいません。

 

 

今日は昨日に引き続き、寺と寺が長距離だったため、それほど多くまわれてません。

おそらく明日も同じで観光中心になるでしょう。

 

明日は7日目、お遍路ツーもてっぺんに到着し、残すところ下りのみ。

 

 

上りで感じていた まだまだ続くワクワク感も楽しいですが、

悠然と堪能する下りもまた楽しいでしょう!

 

 

後半戦もたのしんでいきます

 

ここまで読んでくれてありがとうございました

それじゃまたあした