読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お遍路ツー 3日目

天才は相対評価で決まります。

 

 

世の中には すごい人 と そうでもない人 が存在します。

 

すごい人 というのは、

 

自分には出来ないことをやってのける人

 

のことだと考えています

 

自分と同じタイプだけどレベルが違う人や

自分と違うタイプで、心から真似することが出来ない人に対して

すごいなぁ… と思ったりしています。

 

すごい人のカテゴリの中にはさらに

すごさが理解できるすごい人 と

理解できないが何故かすごい人 がいます。

 

理解できるすごい人 とは、タイプが同じだろうと違っていようと

その人のどの部分に自分が叶わなくて、

どうやってその域にたどり着いたのか。

生き様や思考回路について理解でき、なおかつその人のようにはなれないなぁすごい と思える人を指しています。

 

 

僕は 理解できないが何故かすごい人  のことを天才と呼びます。

 

その人のすごさについて

何故すごいのか

どのようにして成るのか が分からない人は天才です。

 

すごいのはすごいですし、絶対に自分より上に位置しているのは確かなんですが

凄さが ふわっとしか分からない時がたまにあります。

おそらく、天才本人も ふわっとしたもの を説明することはできないのではないかと思います。それは得てしてロジカルなものではないからです。

 

 

しかし、その天才本人が天才たる所以はあくまで

 

僕にとって理解出来ないから です。

 

僕にとっての天才くんは 天才性を理解できる人にとっては、天才ではないのでしょう。

ただの同族で、パンピーです。

 

よって

天才というのは相対評価で決まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

弘法大師様は間違いなく天才です。

 

 約1200年もの前の四国にて

道なき道を歩いて悟り

魔物を退治しては伝説を創り

お寺を建立しては大衆を導いていました。

 

その行動は理解不能ですが、1200年以上たった今も世の中に多大な影響を残し続けている時点でもう圧巻。

 

 

 

 

大天才です。

 

 

 

 

どういうことかというと

 

 

 

 

 

四国舐めてました(九州と同じ)

 

 

 

 

 

 

 

3日目がスタートした朝、

徳島県で最も栄えている徳島駅付近を一望できる『眉山(びざん)』の山頂にて目が覚めました。

朝マックを済ませた僕は知り合いが昔通っていた小学校の写真を撮った後、お遍路に向かいました。

 

1日目と2日目でおおよそのペースをつかんだ僕は、観光とお遍路を組み合わせ完璧なスケジュールを立てます。

 

お遍路は予定通り第十七番〜第二十三番まで回ることができ、無事に徳島編は終わりです。グッバイ徳島。

 

 

が、途中でトラブルが発生しました。

 

道中変な形のダムを見つけ、これはもっと近くに寄ってみてみたいと思った僕は

へんろ道を登るように坂道を駆けていきます。

 

坂道の限界まで達したため、そこで写真をパッシャパシャ撮ろうと下車しました。

しかし思ったよりもダムが平凡だったのでやめました。

 

愕然とした気持ちでバイクにまたがり坂道をUターンしようとしたその時

 

 

 

なぜかブレーキが効かず

後ろ向きにバイクが進んでいきます。

 

 

 

 

ンォぉぉエェェェ??

みたいな奇声をあげてたと記憶しています。

 

 

 

重い荷物を背負った車体を腕力で支えられるはずもなく、そのままガッシャン。

 

 

横転…

 

 

さらに

 

 

タイヤ回んない……

 

南無大師遍照金剛

南無大師遍照金剛

南無大師遍照金剛…  

 

    

 

 

 

 

これはもう仕方ないアクシデントだ。

今日のお遍路は諦めて修理をしよう。

  

そう決意した僕は近くのバイク屋を検索します。もっとも近かった店舗は

 

 

 

 

 

 

 

10km…

 

 

 

 

もうこれは歩こう、仕方ないあるこう、仕方ない仕方ない南無大師遍照金剛。ひとまず荷物だけどっかの家に置かさせてもらお

 

 

 

そう考えるやいなや近くの民家に押しかけ、事情を説明し荷物を置かせてもらうよう交渉しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この家にいたおじいちゃんが神、いや、弘法大師様でした。

 

 

 

 

事情を理解するや否や

荷物を置いて良いと言ってくれ、

バイク屋に行く前に近くに車屋があるから行けとを道のりを教えてくれ、さらにはQooをくれました。

 

 

 

 

おじいちゃんに紹介してもらった車屋に向かいました。本当に近くでした。100mくらい。

 

 

その後、無事にその車屋でバイクを直してもらうことができました。チェーン外れただけ。ごめんよカブちゃん。さよなら2000円。

 

トラブルをスピード解決したため、観光を犠牲に徳島を終えることができました。

 

 

すべておじいちゃんのおかげと言っても過言ではありません。

 

もしかしたら本当に弘法大師様だったのかもしれません。同行二人ですね。

南無大師遍照金剛。

 

 

明日からはいよいよ高知県に入ります。

ていうかすでに高知県でキャンプを構えています。初っ端は室戸岬、海沿いを疾走するのが楽しみです!

 

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。それじゃあまたあした。f:id:molk1228:20160727222203j:imagef:id:molk1228:20160727223112j:image