読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3日目&4日目〜大都市福岡〜

さあ3日目のスタートです

 
二日間で大分県の8割と福岡県を少し。
全体で1割程度しか回ることができなかっため、かなりのペースアップが求められます。
 
最悪、徹夜することになるかもしれないですね。
 
 
3日目と4日目に入る前に、予算について触れます。
 
・ガソリン
・食費
・宿泊費
 
 
行楽や休憩に回すお金はなく、この三大要素にだけお金をかけていきます。
 
やる事だけこなしていくスタンスですね。
 
さてだいたいどのくらいかかるかというと
 
ガソリン代は最後に発表します。
カブの燃費を計算するのは、密かな楽しみなのです。走行距離も書き留めてあるので、リッターあたりでしっかり計算します。
 
・食費
 
これは1日1500円に収めます。
 
三食500円のつもりでしたが、3日目にした二食750円の方が辛くなくてすむことがわかりました。
 
・宿泊費
 
これは一回2000円以内です。
 
それ以上のところには泊まりません。
 
今のところ2日ともネカフェに泊まっています。
シャワー付きのところが多いので、そんなに困る点はありません。
 
たまに隣で爆弾みたいないびきをかく人がいますが、時の運です。
 
 
全部ネカフェになりそうですね。
 
ところどころ野宿を織り交ぜようと思っています。
 
ざっくり計算すると
 
食費1500円×7 =10500
宿泊費2000円×6日=12000円 − 野宿分
 
およそ2万円ちょいですね!
 
フェリー代は往復で2万円でしたから
 
 
 
『4万円➕ガソリン代』
 
 
という金額になりそうです!
 
 
22の夜〜30の朝まで、
 
 
実質6泊7日の旅にしてはまあまあ安く済んでるとおもいます!
 
 
 
 
さて、では3日目からです。
 
 
行橋からスタートし、最初は門司です。f:id:molk1228:20150327143424j:plain
本州とのパイプともなる門司
 
門司港はとってもレトロな雰囲気の場所でした。
 
古びていなくて、それでいて時代を感じる風景。
 
ただ単に歴史があるのはレトロとは言わず、古いものなのにキレイな見た目
まるで当時の建物が当時の美しさで存在するものをまさしくレトロと言うんだと思います。
 
門司はそんなところでした。
 
 
 
今回、「めだかボックスに登場するキャラ名の地名に向かうこと」を目的としています。なので、ルールとして「地名に到着した場合その地名が入ったものを写真に収める」を設けます。たとえば門司の場合はこんな風になります。
 f:id:molk1228:20150328222837j:plain
 
 駅、交差点、名所、看板、役所、学校
名前が入っていればなんでもOKです!
 
三日目は周遊する場所同士がさほど離れていなかったので、走行距離は少なくすみました。しかし、距離が離れていないということはスポットひとつひとつの規模が小さいということです。つまり、「地名に到着した場合その地名が入ったものを写真に収める」というルールを守るのがとても面倒でした!
 
ある程度スポット付近に近づいたら、後はふらふらと地名の入った何かしらを目を皿のようにして探すのみです!
 
僕の一日の活動のほとんどはバイクの上です。
門司のように景観を眺めることはあまりなく、スポットに到着したら、地名の入ったものを探して、写真とって、つぎ! です。
 
三日目は門司の後、荒生田、羽衣、夕原、えぶり、椋枝、直方、宗像、古賀、飯塚に訪れました。地図でいえば福岡の北のほうだけです!
 
印象的だったのは夕原です。夕原町(ゆうばるちょう)とかいうものすご自然がきれいそうな、夕日の見える小高い丘とかありそうな名前なのに、実際は・・・
 
 


 f:id:molk1228:20150328222923j:plain
ばかでっかい工業地域でした。 
 
名前負けすぎだろ!!
 
 




宗像では、宗像大社が交通安全で有名らしいのでそこに行くことにしました。
お守りとステッカーを購入しました。受け付けてくれた巫女のお姉さんがとってもかわいかったのを一番覚えています。


その後おみくじを引いて内容を吟味している途中、目の前で巫女さんがおみくじに投入するお賽銭を手際よく回収し始めました。100円がむちゃくちゃ入っていたのを覚えています。神社って儲かるんだなあ
 
宗像大社では、バイク好きのおっさんに話しかけられ、30分ほど話しました。
学校の先生をしているとのことだったので
「平日のこんな時間から何してるんですか?」とたずねると
 
 
 
 
「病気が長引いたことにして休業してる」
 
 
 
バイトか。
 
 



別れ際に一枚、写真をとってくれました。一人旅だと、自分の写真はなかなかとれませんからね。ありがたいです。
 f:id:molk1228:20150328223025j:plain
 
そんなところで三日目終了です。やっぱりぜんぜん進みませんでした。
 
これは予定通り進んでいないのではなく
立てた予定に無理があったのでしょう。
 
なので、長崎、佐賀、宮崎 の三県をリストラして、ほかの県をまわることにしました。7分の3削られるって、どんなガバガバな行程だったんだよって話ですね。しかし仕方ありません。九州にはまた誰かと来ることにしましょう。
 
 
 
四日目は福岡県のの博多あたりから、一度南西にむかい、その後進路変更して再度大分に向かいました。
 
訪れたスポットは寿、筑前、秋月、太刀洗、久々原、百町、八女、そして大分県の湯布院です。
 
 
そして、この日は大学の友達の実家に行ってきました!
 
その友達の京都にある下宿先を覚えていないのに、実家の住所はしっかりとメモにとっています。
 


家にはかわいらしい犬がいました。
 
 
  
アウトドアチェアにのっしりと鎮座し、すやすやとお眠りになっていましたが
 
近づいてみていると、椅子に座ってリラックスした状態のまま吠えました。
 
警戒しているのか、信頼しているのか、よくわからないアクションでした。

 
 
4日目で印象的だったのは秋月です!
 
秋月城跡!!
 
 
まったく事前情報なしに訪れたのですが、ぐぐってみるとどうやらかなりメジャーな観光スポットのようでした。
 
とはいえ、紅葉で有名だったので、このシーズンはがらがらでした。
ぐぐった時に紅葉真っ盛りの写真を見ましたがとてもきれいでした。地元だったら絶対行っています。
 
紅葉が映える秋月城・・・
 
名前だけで雰囲気が伝わってきますね!夕原町とは大違いです!
 
 
さて、最後に湯布院に来たわけですが、立ち寄りの温泉には入れたものの、なんせ観光地として名高い温泉の郷湯布院!
 一泊ん万円の旅館がたくさんあります!当然ながらそんなところに泊まるお金はありません。
 
 
よって、野宿を敢行します。3月末で気温は5度程度という予報、夜22時時点ではさほど寒く感じないので大丈夫でしょう。
 
近くの運動公園で就寝したいと思います。
 



3日目と4日目は、大都市福岡を周遊しました。
 
一日目に眺めた海や、二日目に迷った山とは打って変わって、
人!車!街!なところでした。さみしくならないのが良いですね!
新幹線で来て、一度ゆっくり観光してみたいところです。
 
 
では、このへんで


寝袋にくるまっておやすみなさ〜い